読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズ女のブログ

たまに観た映画の感想書きます、チラシの裏感覚で書いてます。

今更だけどディズニー映画インサイドヘッド見た

安定の感動シーン裏切らないディズニー

ディズニー映画借りるの実はこれが初めて

アナスタシアは家にDVDあります 見たことないけど

 

 ライリーの頭の中には5つの感情が擬人化したのが住んでいて、ライリーを幸せにするためにみんな協力して感情を操作します

ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビビリ、ムカムカの5人

この5キャラよくみると肌が…ボアっぽい…細かく描かれてるなぁって思った

しかもそれぞれ体型が…似合いすぎてる…服も…

イカリとかどう見ても中学校の頑固学年主任的な格好、会社でいうと部長かな…

でもこの映画ヨロコビとカナシミ以外そんな出てこないです

 

 

なぜなら

引っ越し先の学校で自己紹介中のライリー

感情を操作する司令部に閉まってある ライリーの特別な思い出 を

カナシミが触って 悲しい思い出に変えてしまいます

ライリーは自己紹介中に悲しい思い出を思い出して泣いて孤立してしまいます

特別な思い出は散らばり記憶の倉庫につながるチューブに吸い込まれヨロコビとカナシミも一緒に吸い込まれてしまいます

司令部からヨロコビがカナシミ、特別な思い出がなくなったので

主のライリーにはイカリ、ビビリ、ムカムカの感情しかないです

このままじゃライリーが幸せにならない! ヨロコビはカナシミを連れて司令部に戻りに行く

 

だから

メインはヨロコビとカナシミの2人です

ヨロコビの性格は前向き カナシミは後ろ向き 正反対の2人

カナシミは触れる全ての思い出ボールをカナシミの思い出ボールに変えてしまうらしく

ヨロコビはカナシミのことをよく思ってない 司令部への旅はうまく行かず

戻る途中ライリーの空想の友達 ビンボン と出会い更に旅はハードモードに

司令部に残った三人もライリーのために感情を操作するも(ほとんどイカリ)

失敗ばかりで記憶の島を次々と崩壊させて行きます

現実のライリーも友達とうまく行かず、家族とうまく行かず 一人になってしまう…

これは見てて辛い… ライリーはまだ小さな女の子なのに…

 

そして旅の途中で記憶のゴミ捨て場にヨロコビとビンボンは落ちてしまう

このままじゃヨロコビも空想の友達もライリーの記憶からなくなってしまう

ビンボンとヨロコビは脱出しようとしますが、失敗続き

ついにビンボンの記憶がなくなりかけ身体が消えていきます

ロケット、自分の乗ったら重くて脱出出来ないと思ったのかな…

ビンボンはそのままゴミ捨て場に残る選択をしてヨロコビだけ脱出

(ここはベイマックスの最後を思い出した ちょっと似てるかも)

 

司令部のほうはもう取り返しのつかないことになってた、ライリーを家出させることにしたイカリ ライリーは親からの電話も切ってバスに乗ってしまいます

そこでちょうどヨロコビとカナシミが戻ってきました

カナシミに司令をさせ、ライリーにカナシミの感情を生まれさせ家出を辞めさせます

ヨロコビもカナシミの感情があることで幸せに導くことが出来ると知り

司令部も成長でき、ライリーも幸せな人生を歩んでいった

っていう感じですね

 

改めて感想は

いい映画だなぁって思った

自分が面白そうだから見るとか映像が綺麗だから見るとかではなく

見たほうが良いという映画 悲しいという感情も時には重要な行動を決める感情になるよって教えてくれるよ!!

エンドロール後も登場人物の頭の中見れたり面白いシーンもあります

記憶のゴミ捨て場を見ると、自分も小さいころ楽しんだことやものを忘れていってんだなぁって少し思い出そうとして頑張ってみたり

みんなみましょう

 

おしまい

酒飲んだらヨロコビがヨコロビに打ち間違えてたりした

感想書いてないけどトレマーズという映画が面白かったので見ましょう(のワの)