クズ女のブログ

たまに観た映画の感想書きます、チラシの裏感覚で書いてます。

神映画 ハロウィン見た 

いまクリスマスだけど?????

信仰する宗教がないのにクリスマスで浮かれんなカス!!!殺すぞ!!

 今更ハロウィン見た

なんでもっとはやく見なかったんだろう

めちゃくちゃおもしろい、めちゃくちゃ怖い

まぁ見たのは2007のほうですけどね

感想だけ書く

 

マイケルの残虐性がもう…6歳!6歳すごい!怖い!

飼ってたペットを殺して後処理しながらお姉ちゃんと何気ない会話ができるなんて

ていうか死体を袋詰めしてバッグにいれんなよ…

そして殺されるいじめっ子A マイケルより一回り二回りも大きいのになぜ殺られる…

そして待ちに待ったハロウィン、マイケルはマスクをかぶり一家を惨殺

生き残ったのは赤ん坊のローリー

 

これまたローリーめっちゃ可愛いんですわ、事件でマイケルは捕まって17年後にいきなり飛ぶんだけど成長したローリーがめっちゃかわいい

そしてマスクを被って妹を遠くから見るマイケルが怖い

これが本物のストーカーですね

ローリーのおばさんや友人をどんどん殺してる描写とローリーが近所の男の子と遊んでる描写が交互に、なにも知らないってところがいいですね

 

そしてついに2人は出会ってしまうのです!子供の悲鳴とローリーの悲鳴がすごいです

本物の殺人鬼映画って感じがする

なにも喋らずただ殺す でもマイケルはローリーと出会えたので子供はもう見ていません

警察もやっとやってきて風呂場の薄い透けガラスごしに話かけるのですが

鈍い音に血がガラスに垂れるんですね、怖いよこれ

大丈夫ですよ!鍵開けて下さい!の瞬間これだよ、あまりの強さにおしっこ漏らしそうになりました

 

ローリーを連れ出して小さい頃の自分と赤ん坊のローリーが写った写真を見せてなにかを訴えかけるシーンは少し感動しました

ずっと会いたかったのかなとか、怖がってるけどこれは僕達だよ!とか

ローリーは反撃しますが包丁で刺されても動くマイケル、

この前に銃で打たれてもピンピンだったしねローリーを追い詰めていきます

 

小さい頃マイケルを見てた医師(精神科の医師かな?)も到着して説得を試みますが

マイケルは無言で目を潰して殺します 痛いってこれ

そしてラストは気絶したマイケルにローリーがトドメを刺す

このローリーがマイケルを殺すシーンもドキドキする

銃を打つも玉がない、ない、ない、リボルバー式って言うんですかね

ロシアンルーレットでよく使われる銃、玉の部分回転するやる

次に引き金を引いてやっと発砲、血まみれのローリー

 

でおしまい

マイケルがどんどん殺してくのが怖かった、めっちゃ強いんだもん

追い詰めるときのピアノの音が好き、

ていうかタイトルに流れた音楽すごい好きです

 

次アローンインザダーク見ます それかダヴィンチコード