クズ女のブログ

たまに観た映画の感想書きます、チラシの裏感覚で書いてます。

キャストアウェイ 感想

トムハンクスいけめんだなぁ

 運送会社で働いているチャックは自社の飛行機に乗って移動していると

突然の嵐により墜落、流れ着いた無人島で生き延びるためにサバイバル生活をする

 

これなにが凄いかって言うと

すごい勉強になる映画

もし自分が乗ってる飛行機が墜落して自分ひとりが生き残って

偶然にも無人島に流れつき助けもこない状況があったらこの映画を思い出そう

遭難とかでも同じこと言えると思う サバイバルの基本が詰め込まれてる

 

まず靴を作ったり、火を用意、雨風しのげる場所を探したり

ヤシの実の割り方やらなんやら

 

でも一人で無人島でほぼなにもなしって精神狂いそうだね

でも流れ着いた荷物のバレーボールに顔をつけて話しかけたり

彼女の写真が入った懐中時計をつねに見たり頑張ってた

そして波や風がいちばんいい時や墜落したときの状況で今自分がどのへんにいるかなど

筏を作りついに無人島を脱出!

4年… 4年間も無人島にいた

 

そして通りすがりの大型船に拾われた!

彼女にも会える!一安心!

と思ってたが自分はもう死んだ人と思われた 捜索しても見つかんなかったため

葬式もあげられてた 彼女は別の人と結婚していた 子供もいる!

こらきつい!!!

 

彼は無人島に流れ着いてきた荷物、もうボロボロになってるやつを届けに行き

素敵な女性と出会い新たな人生を進むというお話でした

 

 

バレーボールに血で顔を書き4年間話相手だったウィルソンは正直怖い

外国の顔の書き方の違いとかもあるのかなぁ

まぁラストは可哀想だけど仕方ない、生死がわからない相手を思い続けるのもね

 

おわり

この映画を見たならもうサバイバルのプロになったも同然

まずは靴!次に火!食料!そして寝床! はい

飛行機多分もう乗らないんでいいです(飛行機乗るのがめちゃくちゃ怖いので)

移動は徒歩か電車、タクシーに限りますね