クズ女のブログ

たまに観た映画の感想書きます、チラシの裏感覚で書いてます。

コッホ先生と僕らの革命 感想

可愛い男の子が沢山出てくる

ドイツ版ドラゴン桜って言えばだいたいの人がわかる

 

 コッホ先生がぁ~~~イケメンすぎなんだよなぁ~

こんなイケメン先生なら毎日学校行ってた ※男子校です

でも生徒もみんなイケメン美顔ショタお兄さんだらけ!

かわいい~~~~~~~~~!!!!!!!!!!お姉ちゃんが日本語教えたい!

 

はぁ(賢者タイム

 

よくわからないようでわかるストーリー

コッホ先生はドイツ初の英語教師としてとある教室に赴任した

しかしこの教室ではカーストがあり、親が資本家か労働者かで虐めが起きていた

ヨストはフェリックスとその取り巻きから虐めを受けているし

生徒のほとんどは英語を勉強しても意味がないと言い授業に集中しなかった

どげんかせんといかんと先生はサッカーを通して英語を学ぶ方法に変更した

元々校風が厳しい学校なので生徒はサッカーを楽しむようになり

ヨストもサッカーを通してみんなと仲良くなってきました(これはフェリックスがズルすると先生がフェアプレイをしろー!!!と怒ったので)

 

しかしフェリックスの父親が「英国帰りの反ドイツ野郎が生徒を洗脳している」と怒鳴り

サッカー禁止になり、生徒はつまらなそうに授業を受ける

ここで先生はサッカーの授業は禁止になっただけだから~外で生徒たちが偶然サッカーしてるところに自分が出くわしちゃったら仕方ないよね~とみんなは放課後他の先生にこっそりサッカーをすることにした

フェリックスは父親に脅されてサッカーをしてる場所を告げ口、これにより先生はクビ

ちゃっかりフェリックスはメイドとの逢瀬を執事長?に見つかりメイドはクビ(フェリックスは家に監禁される

 

荷物をまとめ出ていこうとする先生だったが

偶然にも文通仲間が来てクラスとサッカー対決をすることに

またまた偶然にも視察団がきてこの対決を見てサッカーが授業に最適がどうかを調べることにもなった

 生徒は地元の人々に試合を見に来るように叫ぶ 公園は観客でいっぱいになり試合が始まる

視察団もドイツには合わないと言っていたがサッカーの魅力に惹かれていった

この公園の試合によってドイツはサッカー大国になった めでたし!

 

 

やっぱりヨストがフェリックスとサッカーを通じて仲良くなるのが良かった

体格も小さいし身分も低いしそんな僕がサッカーで皆に頼られるようになった!

可愛いすぎますね もう最高です

軍人に対して文句言ってるところがまたガキっぽさが残ってて可愛い

 

ツタヤで取り寄せしてまで借りた、とにかく面白かった

最近見た映画の中ではかなり面白い(見たのは6月中旬でした)

 

おしまい